データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】大谷翔平、今季3勝目の権利発生! 6回5奪三振1失点の力投、外野守備には就かず交代

2021/06/18

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は17日(日本時間18日)、本拠地でのデトロイト・タイガース戦に「2番・投手」で投打二刀流出場。6回1失点の力投を見せ、今季3勝目の権利を持ってベンチに退いた。
 

 
 投手・大谷は初回、四球と安打でスコアリングポジションに走者を背負ったが、4番ミゲル・カブレラ内野手から96.3マイル(約155キロ)のフォーシームで空振り三振を奪うなどして無失点。2回には味方の好守も光り、結果的に3人でイニングを終えた。

 連続適時打で2点の援護をもらった3回、1死から連続三振を奪って三者凡退。4回はバントヒットと死球で無死一、二塁のピンチを招いたが、後続を併殺打などに打ち取り、難を逃れた。
 
 勝利投手の権利がかかった5回も無失点としたが、続く6回に1死から2番ジョナサン・スコープ内野手に左翼へのソロ本塁打を献上。しかし、自らの好プレーもあって後続は抑え、1点のリードを死守してこの回限りでマウンドを後にした。
 
 この日の大谷は、6回(78球)を投げ、被安打5、被本塁打1、与四死球2、奪三振5、失点1の成績。防御率2.70、WHIP1.16となっている。
 
 一方、打者としては、同試合がメジャーデビュー戦となった相手先発マット・マニング投手と3打席対戦。四球、一ゴロ、四球の成績となった。

1 2


  • 記者募集