データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平が18号本塁打!キャリア2番目の“爆速ホームラン”に米記者が驚愕「打球速度187キロで離れ131メートル飛んだ」【海外の反応】

2021/06/16

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は15日(日本時間16日)、敵地オークランド・アスレチックス戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、6戦ぶりの今季18号本塁打を放った。この一発に、米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が反応している。
 

 
 大谷は初回1死の第1打席で、アスレチックスのフランキー・モンタス投手と対戦。カウント1-2からスプリットにタイミングを外されて二ゴロで凡退した。3回1死一塁の第2打席では、内角直球を捉えて強烈な当たりを放つも一塁手正面で併殺打となった。

 そして迎えた8回2死の第4打席。大谷は左腕スス・ルザード投手が投じた98.1マイル(約158キロ)のフォーシームを完璧に捉え、右中間スタンドに飛び込む第18号ソロ本塁打を放った。
 
 マグワイア記者は自身のツイッターに「大谷翔平がまたやった」と綴り、「彼の今シーズンの18号本塁打は、打球速度115.8マイル(約186.4キロ)でバットを離れ、429フィート(約130.8メートル)飛んだ」と語っている。115.8マイルは、大谷にとってキャリア2番目に速い打球速度の本塁打だったという。なお、これまでのメジャー自己最速は今年5月25日(同26日)のテキサス・レンジャーズ戦で記録更新した打球速度117マイル(約188キロ)の15号本塁打で、約1カ月の間に2つ目の“爆速打球”を披露している。






  • 記者募集