データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、7回8奪三振2失点の好投! ティングラー監督が称賛「今日の彼は本当に良かった」

2021/06/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



 サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手は9日(日本時間10日)、本拠地シカゴ・カブス戦で先発登板し7回8奪三振2失点の好投を披露。敗戦投手となったものの、パドレスを率いるジェイス・ティングラー監督はその投球を称賛した。米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 対戦相手のカブスはダルビッシュが昨季まで3シーズン所属した球団。その古巣を相手に、ダルビッシュは初回から3イニング連続で3者凡退とする。4回には、先頭ジョク・ピーダーソン外野手に右越えソロを被弾したが、5回と6回は再び無失点に抑えた。7回には併殺の間に逆転を許したが、8奪三振2四球、3安打2失点という成績で降板した。

 同メディアによると、ティングラー監督はダルビッシュのプレーについて「今日の彼は本当に良かった。彼は力強くて速いボールをゾーンにいくつか投げ、カッター、スライダー、カーブボールのコンビネーション、いくつかのスプリッターを投げた。その全てが機能していた」と語り、称賛したという。なお、パドレスは1-3で敗戦。ダルビッシュは今季2敗目を喫している。






  • 記者募集