データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、苦手左腕に3打席連続三振。米記者が反応「タイミングが少しずれているのでは」【海外の反応】

2021/06/04

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は3日(日本時間4日)、本拠地シアトル・マリナーズ戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。苦手の左腕に3打席連続三振を喫し、米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が反応した。
 

 
 大谷は、先発左腕ジャスタス・シェフィールド投手と対戦した1、2打席目は、ともに外角のスライダーに空三振。4回2死二、三塁のチャンスで迎えた第3打席でも、スライダーにバットが空を切り、3打席連続三振に倒れた。

 この状況にマグワイア記者は「大谷翔平は今日3回三振を出しているが、いずれもブレーキングボールだ。日曜日のオークランド・アスレチックス戦以降、彼のタイミングが少しずれているのではないかと疑う必要がある」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集