データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】菊池雄星、7回途中1失点の好投で今季2勝目の権利持ち降板 マリナーズ3点リードの展開

2021/05/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手は24日(日本時間25日)、敵地でのオークランド・アスレチックス戦に先発登板。7回途中1失点の好投を見せ、勝利投手の権利を持ったままマウンドを降りた。
 

 
 菊池は先制点をもらった初回のマウンド、先頭の1番マーク・カナ外野手をフルカウントから歩かせたが、2番チャド・ピンダー外野手を遊併殺打。次打者には安打を打たれるも無失点とすると、2回は三者凡退に仕留めた。

 3点リードとなった3回には、2死から1番マーク・カナ外野手に右翼へソロ本塁打を被弾したが、その後は崩れることなく、4回を三者凡退。5、6回は走者を背負うも無失点で切り抜けた。
 
 菊池は7回も続投したが、先頭の5番ジェド・ローリー内野手に遊撃への内野安打を許したところで降板となった。
 
 この日の菊池は、6回0/3(88球)を投げ、被安打4、被本塁打1、与四死球2、奪三振3、
失点1の成績。防御率4.02、WHIP1.09となっている。
 
 試合は7回裏アスレチックスの攻撃中。4-1でマリナーズが3点をリードしている。






  • 記者募集