データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の次回登板は28日アスレチックス戦か? 今季5度目の“リアル二刀流”へ【海外の反応】

2021/05/25

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手の次回登板は28日(日本時間29日)に行われる敵地オークランド・アスレチックス戦になりそうだ。米紙『オレンジカウンティ・レジスター』のジェフ・フレッシャー記者が伝えている。
 

 
 今季、大谷は6試合に先発登板し4試合で投打同時出場を果たしている。前回登板のフォーシーム平均球速は90.5マイル(約145.6キロ)と著しく低下しており、4回2/3(72球)を投げ、2失点の投球内容で降板となった。故障や疲労の影響を疑われたが、故障者リスト(IL)入りはすることなく試合に出続けている。

 フレッシャー記者は自身のツイッターを通じ「ジョー・マドン監督は大谷が今日休み、2日連続で休むと語った。彼は今週もプレーし、ピッチングする(暫定的に金曜日)と言った」と伝え、大谷の次回登板が28日(同29日)に行われるアスレチックス戦になることを示唆している。なお、大谷は休むとされた23日(同24日)のアスレチックス戦で7回に代打出場し、同点犠飛を放ってエンゼルスの逆転勝利に貢献した。






  • 記者募集