データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、3打席連続三振でノーヒット。疲労蓄積に米記者が懸念「休むに値するのではないか」【海外の反応】

2021/05/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地ミネソタ・ツインズ戦のダブルヘッダー(7回制)2試合目で「2番・指名打者(DH)」としてスタメン出場を果たした。しかし、3打席連続三振でノーヒット。疲労蓄積が影響している可能性もあるとして米記者が懸念している。
 

 
 初回の第1打席で大谷はツインズの先発ホセ・ベリオス投手と対峙。85.2マイル(約137キロ)カーブに空振り三振し、3回の第2打席も変化球に対応できず連続三振に倒れた。さらに6回の第3打席も空振り三振で、3打席連続の空振り三振に抑え込まれた。この日の大谷は、3打数無安打の成績。打率.267、OPS.933(出塁率.318+長打率.615)となっている。

 米メディア『ジ・アスレチック』のブレント・マグワイア記者が大谷について言及し「特に球速が減少した昨日、気分が良くないとコメントした後のことだ。彼は休むに値するのではないか」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集