データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平は故障? それとも疲労の影響? 米メディアが懸念「いつもの彼のようには見えなかった」【海外の反応】

2021/05/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地クリーブランド・インディアンス戦で「2番・投手」として二刀流出場。投げては5回途中2失点の成績となったが、この日の球速低下について米メディア『ザ・スピン』は故障、もしくは疲労の影響を懸念している。
 

 
 先発マウンドに立った大谷は初回、1番シーザー・ヘルナンデス内野手と2番エディ・ロザリオ外野手から連続三振を奪うも、2死二塁で4番フランミル・レイエス外野手に三塁線を破られる適時二塁打を打たれ、先制を許した。

 その後は4回まで無失点に抑えたが、5回に7番ジェイク・バウアーズ内野手に左中間への同点本塁打を献上してしまう。そして、2死から1番ヘルナンデスに四球を与えたところで降板し、右翼へ守備位置を移した。この日の大谷は、4回2/3(72球)を投げ、被安打5、被本塁打1、与四死球2、奪三振5、失点2の成績。防御率2.37、WHIP1.25となっている。
 
 同メディアは、今季これまでの大谷のパフォーマンスを称えた上で「水曜日の夜の試合では、いつもの彼のようには見えなかった」と伝えている。大谷の今季のフォーシーム平均球速は96.6マイル(約155.4キロ)だが、この日は平均90.5マイル(約145.6キロ)だったという。フォーシームだけでなく、スプリットやカッター、スライダーも全て落ち込みが見られたようだ。
 
 故障の可能性も疑われているが、同メディアは「試合後に球団側から説明される可能性がある。上手くいけば、より深刻なことを示すものではないだろう」とし、「これまでの彼の忙しいスケジュールを考えると、それは単なる疲労の影響である可能性が非常に高い」との見解を示している。






  • 記者募集