データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の球速低下に米記者が戸惑い「何が起こっているのかわからない..」【海外の反応】

2021/05/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地クリーブランド・インディアンス戦で「2番・投手」として先発登板。大谷の球速が落ちていることに、米記者も戸惑いを見せている。
 

 
 投手・大谷は初回、1番シーザー・ヘルナンデス内野手、2番エディ・ロザリオ外野手を連続三振に仕留めるも、2死二塁で4番フランミル・レイエス外野手に三塁線を破られる適時二塁打を打たれ先制を許した。その後、暴投で2死三塁となったが、5番ジョシュ・ネイラー外野手を一ゴロに打ち取って追加点を許さなかった。

 初回の球速の平均は140キロ台で、最速でも93.8マイル(約151キロ)。球速が落ちていることに対し、米紙『オレンジカウンティ・レジスター』のジェフ・フレッシャー記者は「大谷の球速はこれまでずっと下がっている。何が起こっているのかわからない..」と、自身のツイッターに綴っている。






  • 記者募集