データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】大谷翔平、今季4度目の“リアル二刀流”は5回途中2失点で降板 そのまま右翼の守備へ

2021/05/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は19日(日本時間20日)、本拠地でのクリーブランド・インディアンス戦に「2番・投手」で二刀流出場。投手としては5回途中2失点で降板となり、そのままライトのポジションに就いた。
 

 
 先発マウンドの大谷は初回の立ち上がり、先頭の1番シーザー・ヘルナンデス内野手、2番エディ・ロサリオ外野手から連続三振を奪って2死としたが、3番ホセ・ラミレス内野手の内野安打と盗塁で得点圏に走者を背負うと、4番フランミル・レイエス外野手の適時打で先制を許した。

 続く2回を抑え、3回は三者凡退の投球。同点となった4回には先頭の4番レイエスに二塁打を打たれたが、女房役カート・スズキ捕手の好プレーもあり、無失点で切り抜けた。
 
 しかし、1点のリードをもらった5回、先頭の7番ジェイク・バウアーズ内野手に左中間への同点本塁打を献上。その後2死としたが1番ヘルナンデスに四球を与えたところで降板となり、右翼へ守備位置を移した。
 
 この日の大谷は、4回2/3(72球)を投げ、被安打5、被本塁打1、与四死球2、奪三振5、失点2の成績。防御率2.37、WHIP1.25となっている。
 
 一方の打撃では、先発右腕アーロン・シバーレ投手と2打席対戦。第1打席は三直、チャンスで迎えた第2打席は惜しくも中直となった。
 
 試合は5回表のインディアンスの攻撃中。2-2の同点となっている。

 
【スコア速報】大谷翔平がリアル二刀流! エンゼルス対インディアンスの試合






  • 記者募集