データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、105年ぶり歴史的一戦で無安打。米記者「信じられない。彼は2人の異なる選手のようだ」【海外の反応】

2021/05/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は12日(日本時間13日)、敵地ヒューストン・アストロズ戦で今季初の「1番・DH(指名打者)」として先発出場。しかし、疲労の影響もあり調子が出ず無安打に。この結果に米記者が反応している。
 

 
 前日の試合で大谷は「2番・投手」として二刀流出場を果たした。投げては7回10奪三振1失点の好投を披露し、打っては1安打を放っている。そして、マイク・トラウト外野手、デビッド・フレッチャー内野手ら主力野手の多くがが休養した一方で、大谷は同試合に「1番・DH」としてスタメン出場した。

 大谷は初回の第1打席でホセ・ウルキディ投手と対戦。2球で追い込まれると、3球目の速球に空振り三振を喫した。3回1死の第2打席は左飛に倒れ、6回無死の第3打席は粘りながらも再び三振。8回の第4打席も二ゴロに打ち取られた。
 
 米公式サイト『MLB.com』によると、投手で先発登板した選手が翌日の試合で「1番」に入るのは1916年7月25、26日にレイ・コールドウェル(ヤンキース)が記録して以来、105年ぶりの出来事だという。疲労の影響からか、この日の大谷は無安打に終わり、米紙『USAトゥデイ』のジャマル・マーフィー記者は「私は信じられない。幻想の中で大谷が2人の異なる選手のように見える」と、自身のツイッターに綴った。本塁打を量産していた状況とは打って変わり、最近は下り調子となっている。






  • 記者募集