データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、今季ワーストタイの3打席連続三振。米メディア「“二刀流スター”が厳しい夜を過ごした」【海外の反応】

2021/05/11

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は10日(日本時間11日)、敵地ヒューストン・アストロズ戦で「2番・DH(指名打者)」としてスタメン出場を果たした。だが、この日は5試合ぶりの無安打に。米メディア『AP通信』は「エンゼルスの二刀流スターである大谷翔平が厳しい夜を過ごした」と伝えている。
 

 
 第1打席の初回1死で大谷はアストロズのルイス・ガルシア投手と対戦。1球目と2球目を見逃し、さらに3球目の低めのチェンジアップを空振りして3球で仕留められた。3回2死の第2打席、5回2死の第3打席も空振り三振に倒れ、今季ワーストタイの3打席連続三振に打ち取られた。

 6回2死一、三塁の第4打席では、アストロズのブルックス・レイリー投手の投球を打ち返すも、ホセ・アルトゥーベ二塁手の正面だったためチャンスを繋げることは出来ず。8回2死三塁の第5打席も一ゴロに倒れた。この日の大谷は、5打数無安打の成績。打率.266、OPS.915(出塁率.314+長打率.602)となっている。
 
 同メディアは大谷のプレーについて言及し「エンゼルスの二刀流スターである大谷翔平が厳しい夜を過ごし、5の0、3三振で今季ワーストを記録した」と報じている。






  • 記者募集