データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、飛距離130メートルの今季10号本塁打! 米記者が驚愕「このまま行けばシーズン54本ペース」【海外の反応】

2021/05/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は6日(日本時間7日)、本拠地タンバベイ・レイズ戦で「2番・DH(指名打者)」としてスタメン出場を果たした。10号本塁打を放ち、複数の米記者を驚かせている。
 

 
 大谷は3回の第2打席、2死二塁の場面でレイズのジョシュ・フレミング投手と対峙し、内角の91.6マイル(約147キロ)のシンカーを完璧に捉えた。右中間へ飛び込む飛距離428フィート(約130メートル)の特大10号2ランとなり、メジャートップタイ、日本人としては初めて5月に2桁到達を記録している。

 米スポーツメディア『ジ・アスレチック』のファビアン・アルダヤ記者は「昨夜の先発投手が本塁打を放った」と自身のツイッターに綴り、米紙『ロサンゼルス・タイムズ』で記者を務めるビル・シャイキン氏は「大谷翔平はMLBで1位タイの10号本塁打を放った。このまま行けばシーズン54本ペースだ」と、驚いた様子でコメントしている。






  • 記者募集