データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、初回ピンチ招くも奪三振。3回まで無失点! 米記者が反応「彼のスプリットは厄介」【海外の反応】

2021/05/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は5日(日本時間6日)、本拠地タンバベイ・レイズ戦で今季4度目の先発登板。初回からピンチを招く場面はあったが、スプリットで空振り三振に仕留めるなどして無失点で乗り切った。このプレーに米記者が反応している。
 

 
 大谷は初回、レイズの先頭ブランドン・ロウ外野手を四球で出塁させてしまう。それでもオースティン・メドウズ外野手を中飛、ヤンディ・ディアス外野手を三ゴロに打ち取った。その後、2死一、二塁のピンチを招くが5番ケビン・キアマイアーをスプリットで空振り三振に仕留めて無失点に抑え込む。そして、2回と3回も無失点が続いている。

 米スポーツメディア『ジ・アスレチック』のファビアン・アルダヤ記者は自身のツイッターに「大谷翔平のスプリットは厄介」と綴り、動画と共に大谷のプレーを紹介している。2回目以降の制球に関しては「大谷翔平の制球は、その最初のイニングの後に再び落ち着きを取り戻した。彼は3回まで無失点に抑えている」とコメントしている。






  • 記者募集