データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



今季2敗目の前田健太、投球の選択ミスに悔い「球種が違えば結果は変わっていたかも」

2021/04/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



 ミネソタ・ツインズの前田健太投手は27日(日本時間28日)、敵地クリーブランド・インディアンス戦で先発登板。5回2/3を5失点の成績で今季2敗目を喫した。試合後、前田は自分の投球を振り返っている。米公式サイト『MLB.com』が報じた。
 

 
 前田は1回裏、インディアンスの先頭シーザー・ヘルナンデス内野手を79.2マイル(約127キロ)のスライダーで空振り三振とするが、3番ホセ・ラミレス内野手に右翼スタンドへ運ばれ1失点を喫した。さらに2回、先頭の5番フランミル・レイエス外野手に左翼への特大アーチで被弾。3回には、2死二塁から3番ラミレスに適時二塁打を打たれ逆転を許してしまう。

 4回、5回は無失点に抑えたが、6回2死から5番レイエスにこの日2本目の本塁打を献上。6番ジョシュ・ネイラー外野手に二塁打を与えたところで、前田は降板した。この日の前田は、5回2/3(75球)を投げ、被安打8、被本塁打3、与四死球0、奪三振3、失点5の成績で2敗目(1勝)。防御率6.56、WHIP1.76となっている。
 
 同メディアによると、前田は試合後に「どちらの球種で行くか迷ってしまいました。球種が違えば結果は変わっていたかもしれない」と語り、球種の選択で悔いが残っていることを明かした。






  • 記者募集