データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平の第7号本塁打が決勝点に! 指揮官が称賛「彼は何からも逃げない。どんな球でも果敢に打つ」

2021/04/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は25日(日本時間26日)、敵地ヒューストン・アストロズ戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場。第7号本塁打を放つなどして活躍し、チームを4-2の勝利に導いた。この働きをジョー・マドン監督が称賛している。米公式サイト『MLB.com』が報じた。
 

 
 大谷は2-2の同点で迎えた8回の第4打席、アストロズのルイス・ガルシア投手が投げた92.5マイル(約149キロ)のフォーシームを捉え、バックスクリーン右へ飛び込む今季第7号のソロ本塁打を放った。この1点が決勝点となり、エンゼルスは4-2の勝利をおさめている。

 同メディアによると、試合後にマドン監督は大谷について「一つ教えてあげよう。大谷は何からも逃げない。彼はどんな球でも果敢に打っていく。明日、彼は投げたいし打ちたいとも思っているようだ。私はその気持ちを理解している。彼は働き、重要な場面で役に立ちたいと考えている。彼は野球をしている。それが彼を表現できる言葉だよ」と語り、大谷のプレーを称賛している。






  • 記者募集