データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、制球乱れるも7奪三振無失点! エンゼルス指揮官は称賛「彼が持っているものはとても良い」

2021/04/22

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は20日(日本時間21日)、本拠地テキサス・レンジャーズ戦で先発登板。4回1安打無失点、7奪三振、7四死球の成績で終え、ジョー・マドン監督は大谷の投球を称賛した。米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 今季2度目の先発登板に臨んだ大谷は、初回1死から三者連続四球で1死満塁のピンチを招く。だが、5番ニック・ソラック内野手、6番ウィリー・カルフーン外野手を二者連続空振り三振に仕留め失点を免れた。2回以降も毎回走者を出す苦しい展開となるが、ピンチを切り抜け、4回を投げ終えたところで降板。球数は80球に到達し、フォーシームの最速は97.7マイル(約157キロ)、防御率1.04となった。

 大谷は7四死球と制球が乱れながらも7奪三振を奪って無失点。同メディアによると、マドン監督は「彼が持っているものはとても良い。あれだけ四球があっても戦い抜くことが出来る。彼がコマンドを構築するにつれてゲームに深く関わっているのがわかる」と語り、大谷を称賛している。






  • 記者募集