データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、元同僚・有原航平と初対決! 大飛球は好捕に阻まれるが「ボールの見え方としては良かった」

2021/04/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は19日(日本時間20日)、本拠地テキサス・レンジャーズ戦で「2番・DH(指名打者)」として先発出場。試合後に元チームメイトの有原航平投手の印象について語った。米公式サイト『MLB.com』が報じている。
 

 
 大谷は1回無死一塁で打席に入ると、カッターを引っかけ、一併殺打。4回の第2打席では、2ボール1ストライクからの4球目、81.9マイル(約132キロ)のチェンジアップをとらえ、中堅後方に本塁打性の大飛球を放つ。しかし、中堅手アドリス・ガルシア外野手のファインプレーに阻まれ、本塁打とはならなかった。この日、大谷は4打数無安打の成績。打率.309、OPS.999(出塁率.345+長打率.655)となっている。

 試合後、大谷は有原との対戦を振り返り「1回目と2回目の打席では、ボールの見え方としては良かったと思います。今後、何度もやり合うことになる相手なので、良い感じでボールが見えていたのは今後に繋がると思います」と語った。試合前には、大谷と有原が笑顔で会釈する場面も見られた。






  • 記者募集