データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平は“ホームランダービー”史上初の投手として選出? MLB公式は「彼でない限り見たいと思う人は誰もいない」【海外の反応】

2021/04/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 米公式サイト『MLB.com』が「クアーズ・フィールドのホームランダービーでスリルを味わう8人のスター」と題して特集を組み、その中の一人としてロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手を選出した。
 

 
 ホームランダービーは、7月にクアーズ・フィールドで行われるMLBオールスターゲームの前夜祭として開催。“リアル二刀流”の大谷に日本人初のホームランダービー出場の期待が高まっている。

 同メディアは「本塁打競争に参加する最初の投手」として大谷の名前を挙げ、「大谷でない限り投手として数分間ホームランを試みるのを見たいと思う人は誰もいない。彼は今季100マイル(約161キロ)の球を投げる先発投手4人のうちの一人として注目を集めているが、この26歳は打球を長距離飛ばした2選手のうちの一人でもある」と伝えた。大谷の他には、ニューヨーク・ヤンキースのジャンカルロ・スタントン外野手やアーロン・ジャッジ外野手、テキサス・レンジャーズのジョーイ・ギャロ外野手などが選出されている。






  • 記者募集