データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



前田健太、6回2失点で今季初勝利! 日本人投手白星一番乗り、ツインズは接戦制しカード勝ち越し

2021/04/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ミネソタ・ツインズの前田健太投手は7日(日本時間8日)、敵地でのデトロイト・タイガース戦に先発登板。6回2失点の粘投で今季初勝利を飾った。
 

 
 初回を無失点とした前田は2回、1死から6番ジョナサン・スコープ内野手に安打、続く7番アキル・バドゥー外野手に右中間を破る適時三塁打を打たれ、失点。後続を打ち取り最小失点にしのいだが、タイガースに先制を許した。

 その後は、3回を三者凡退。4回は4番ジェイマー・キャンデラリオ内野手は83マイル(約134キロ)のスライダー、6番スコープは92.9マイル(約150キロ)のフォーシームで空振り三振を奪い、同じく3人で終えるなど尻上がりに調子を上げていった。
 
 しかし、同点となった直後の5回、1死から8番ウィルソン・ラモス捕手に真ん中に入ったスライダーを左翼スタンドに運ばれ、勝ち越しを許した。
 
 再びリードを許したツインズだったが、6回に打線が2点を奪い逆転。前田はこの回も続投した。先頭の2番ウィリ・カストロ内野手に安打を打たれ、続く3番ミゲル・カブレラ内野手の打球は、左翼の横を破った。しかし、ホームを狙った走者を見事な中継プレーで封殺。その後も四球と安打で1死満塁のピンチを背負ったが、6番スコープを併殺に打ち取り、勝利投手の権利を持ってマウンドを後にした。
 
 この日の前田は、6回(75球)を投げ、被安打7、被本塁打1、与四球1、奪三振6、失点2の成績。防御率2.61となっている。
 
 ツインズは、1点ビハインドの6回、2死から連打でチャンスを作ると、4番ジョージ・ポランコ内野手の2点適時二塁打で逆転に成功した。その後は試合が膠着状態となったが、8回からマウンドに上がった守護神アレックス・コロメ投手らの奮闘でリードを守り抜き、3-2で逆転勝利。タイガースとの3連戦を2勝1敗で勝ち越した。



  • 記者募集