データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平が”リアル二刀流”で真価を発揮! 米メディアは絶賛「溢れんばかりの才能が示された」【海外の反応】

2021/04/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は4日(日本時間5日)、シカゴ・ホワイトソックス戦で「2番・投手」として先発出場。“リアル二刀流”での今季初登板で打者としては先制のソロ本塁打を放ち、投手としては最速101マイル(約163キロ)の剛速球を披露した。投打同時出場で活躍した大谷を、米スポーツメディア『SB Nation』が絶賛している。
 

 
 打者・大谷は初回、ホワイトソックスのディラン・シーズ投手が投げた初球の97マイル(約156キロ)直球を捉えて右中間スタンドに吸い込まれる特大アーチを放った。投手としては100マイル(約161キロ)超えの速球を連発するなど4回までホワイトソックス打線を無失点に抑えたが、5回に守備のミスなども重なって3失点。大谷は直後に走者と衝突して負傷交代している。

 それでも、同メディアは大谷を絶賛。タイトルに「大谷翔平のあふれんばかりの才能が、日曜日の夜に示された」とつけ、「日曜日の夜はロサンゼルス・エンゼルスにとって、感動のローラーコースターだった。大谷は自身が持つとても大きな才能を十分に発揮したが、その一方で彼の可能性を完全に実現することの希少性と脆さが思い出された」と評価している。






  • 記者募集