データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



【速報】エンゼルス・大谷翔平が第1打席に先制本塁打! 投手としても3回まで無失点投球。「2番・投手」で“リアル二刀流”実現

2021/04/05

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は4日(日本時間5日)、本拠地でのシカゴ・ホワイトソックス戦に「2番・投手」として二刀流出場。打者として第1打席に先制のソロ本塁打を放ち、投手としても3回までホワイトソックス打線を無失点に抑えている。
 

 
 “リアル二刀流”でいきなり結果を残した。

 打者・大谷は、初回1死の第1打席、ホワイトソックスの先発ディラン・シーズ投手との対戦。その初球、97マイル(約156キロ)のフォーシームに快音を残した。打った瞬間の打球は、右中間スタンドに吸い込まれる先制のソロ本塁打となり、自らを援護した。
 
 投手・大谷は、初回、先頭の1番ティム・アンダーソン内野手を二ゴロ、2番アダム・イートン外野手を2ボール2ストライクから、91.8マイル(約148キロ)のスプリットで空振り三振。3番ホセ・アブレイユ内野手には四球を与えたが、4番ヨアン・モンカダ内野手を遊ゴロに打ち取り、上々の立ち上がりを見せた。
 
 続く2回は、5番ヤーミン・メルセデス捕手、7番ルイス・ロバート外野手から三振を奪い、三者凡退。3回には8番ビリー・ハミルトン外野手に安打と二盗を許し、無死二塁のピンチを背負ったが、後続三者を落ち着いて打ち取り、無失点で切り抜けた。
 
 試合は3回を終了し、2-0でエンゼルスがリードしている。
 
 
【スコア速報】大谷翔平の今季初登板は二刀流! エンゼルス対ホワイトソックスの対戦

1 2





  • 記者募集