データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、自己最長飛距離に次ぐ141メートル特大弾! 米紙も驚愕「この春2回目のモンスターホームラン」

2021/03/17

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手は16日(日本時間17日)、クリーブランド・インディアンスとのオープン戦で「2番・指名打者(DH)」として先発出場を果たし、大谷は3回の第3打席でバックスクリーンを超える特大ホームランを放った。大谷の活躍ぶりを米紙『オレンジカウンティ・レジスター』が報じている。
 

 
 昨年サイ・ヤング賞に輝いたシェーン・ビーバー投手と対峙した大谷は2死三塁の場面でフルスイング。打球はバックスクリーンを超え2ランホームランを演出した。飛距離は464フィート(約141・4メートル)と推定され、テキサス・レンジャーズとのオープン戦で記録した第1号ホームランの自己最長468フィート(約142.6メートル)に次ぐ飛距離となっている。

 同紙はタイトルに「大谷翔平がまた爆風のようなホームランを放ち、エンゼルスがシェーン・ビーバーを打ち破った」とつけ、大谷の特大ホームランに関して「この春2回目のモンスターホームランを打った」と伝えている。






  • 記者募集