データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、新天地デビューは2回4奪三振無失点「球の威力も制球もよかったです」 パドレス投手コーチも高評価

2021/03/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



 サンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手は7日(日本時間8日)、カンザスシティ・ロイヤルズとのオープン戦に先発登板。新天地デビュー戦で、2回4奪三振無失点の好投を披露した。米公式サイト『MLB.com』が同日伝えている。
 

 

 ダルビッシュは初回、1番ウィット・メリフィールド内野手、2番アンドリュー・ベニンテンディ外野手を2者連続三振。3番アダルベルト・モンデシー内野手には右翼へ安打を運ばれたが、4番ホルヘ・ソレア外野手を見逃し三振と3つのアウトを全て三振で奪う立ち上がりを見せた。

 続く2回は遊飛、遊ゴロで簡単に2死を奪うと、7番ライアン・マクブルーム内野手を空振り三振。危なげない投球で初登板を終えた。
 
 この日のダルビッシュは、2回を投げ、被安打1、与四死球0、奪三振4、失点0の成績。防御率0.00となっている。
 
 ダルビッシュは試合後、自身のTwitterを更新。「球の威力も制球も良かったです。また次に向けてしっかり調整します。」と綴った。
 
 また、パドレスのラリー・ロスチャイルド投手コーチは、試合後の取材でダルビッシュの投球について、「非常に効果的だった。」と評価した。

1 2





  • 記者募集