データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アスレチックス、本塁打攻勢で逆転勝利 3番ピンダーが3安打4打点の活躍【MLB地区シリーズ】

2020/10/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 MLBは7日(日本時間8日)、ディビジョンシリーズ4試合が開催。ドジャー・スタジアムで行われたオークランド・アスレチックス対ヒューストン・アストロズの第3戦(5回戦制)、アストロズ2勝で迎えた同試合は、9-7でアスレチックスが勝利し、土壇場で踏みとどまった。
 

 
 試合は初回、2番トミー・ラステラ内野手がソロ本塁打を放ち、アスレチックスが先制点を挙げたが、直後の1回裏にアストロズが2番ホセ・アルトゥーベ内野手のソロ本塁打、内野ゴロの間に2点を奪い、逆転に成功した。
 
 しかしアスレチックスは2回、6番マーク・カナ外野手のソロ本塁打で同点とすると、4回に5番マット・オルソン内野手、5回に1番マーカス・セミエン内野手にもソロ本塁打が飛び出し、再びリードを奪った。
 
 2試合連続で逆転勝利を収めているアストロズは5回裏、無死一塁から8番アレドミス・ディアス内野手の2ラン本塁打で同点に追いつくと、続けてチャンスを作り、3番マイケル・ブラントリー外野手、4番アレックス・ブレグマン内野手、6番カイル・タッカー外野手と3本の適時打が飛び出し、一挙5得点で試合をひっくり返した。
 
 負けたら敗退となるアスレチックスは7回、無死一、二塁から3番チャド・ピンダー外野手が3ラン本塁打を放ち同点。続く8回に無死二、三塁から9番ショーン・マーフィー捕手、3番ピンダーの犠飛で2点を勝ち越し。重苦しい空気を払拭した。
 
 アストロズは、7回からマウンドに上がったアスレチックスの4番手リアム・ヘンドリックス投手に苦戦。8回は得点圏に走者を進めるも、得点には至らず。9-7でアスレチックスが逆転勝利を収めた。
 
 
【MLB】2020年ポストシーズントーナメント表



  • 記者募集