データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、7回途中2失点も打線の援護なく終戦「とても悲しい」 カブスは連敗でワイルドカードシリーズ敗退

2020/10/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手は2日(日本時間3日)、本拠地で行われたマイアミ・マーリンズとのワイルドカードシリーズ第2戦(3回戦制)に先発登板。7回途中2失点の好投も、打線が沈黙し敗戦投手に。チームは連敗でワイルドカードシリーズ敗退が決まった。
 

 
 ダルビッシュは初回を三者凡退。2回は四球による走者を出すも難を逃れ、3回は再び三者凡退とするなど上々の立ち上がりを見せた。
 
 続く4回、先頭の2番ジョン・バーティ内野手にこの日初めての安打を打たれると、3番ヘスス・アギラ内野手には死球で無死一、二塁のピンチを迎えた。しかし4番ブライアン・アンダーソン内野手を遊併殺打に打ち取ると、5番ギャレット・クーパー内野手は空振り三振でこの回を無失点。味方の援護を待った。
 
 ダルビッシュは5回、6回と三者凡退に抑えたが、マーリンズの先発シクスト・サンチェス投手も5回無失点の好投。リリーフ陣も得点を与えず、スコアレスの展開が続いた。
 
 すると7回、簡単に2死を奪ったが、5番クーパーに痛恨のソロ本塁打を許し、先制点を献上。続く6番マット・ジョイス外野手には二塁打を打たれてピンチを背負うと、申告敬遠を挟み、8番マグネウリス・シエラ外野手に適時打を許したところで降板となった。
 
 この日のダルビッシュは、6回2/3(94球)を投げ、被安打5、被本塁打1、与四死球3、奪三振6、失点2の成績。ポストシーズンの防御率は2.70となった。
 
 以降は両チーム無得点で迎えた9回、意地を見せたいカブス打線は、先頭の6番ジェイソン・ヘイワード外野手が二塁打でチャンスメイクを見せたが、後続が3者連続三振に倒れ、終戦。打線が沈黙し2-0で敗れたカブスは、ワイルドカードシリーズで姿を消すこととなった。
 
 地元紙『シカゴ・サンタイムズ』によると、試合後ダルビッシュはインタビューに対応し、「とても悲しい」と現在の心境を吐露。「今日の目標は、リグレーフィールドでもう一度レスターに投げてもらうことでしたが、実現することができませんでした」と次戦先発予定だったジョン・レスター投手に繋げなかったことを悔やんだ。



  • 記者募集