データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カブス・ダルビッシュ有、6回3失点も打線の援護なく2敗目 レッズ・秋山翔吾は2試合連続マルチ安打!

2020/09/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 シカゴ・カブスとシンシナティ・レッズが9日(日本時間10日)、カブスの本拠地リグレー・フィールドで対戦。先発登板のカブス・ダルビッシュ有投手と、「6番・左翼」で先発出場のレッズ・秋山翔吾外野手が激突した。ダルビッシュは6回3失点の粘投も2敗目。 一方の秋山は、2試合連続となるマルチ安打を放った。
 

 
 レッズは初回、1死後に連続四球で一、二塁のチャンスを迎えると、5番マイク・ムスタカス内野手の3ラン本塁打で先制に成功。秋山は、第1打席に遊撃への内野安打を放った。
 
 一方のダルビッシュは、初回に3失点を喫したものの、2回は三者三振に抑えるなど立ち直りを見せた。4回1死で迎えた秋山の第2打席も、一度は一塁への内野安打となったが、チャレンジの末判定が覆り、一ゴロに打ち取った。
 
 ダルビッシュは5回、6回も三者凡退に切って取り、リリーフ陣に後を託した。
 
 秋山の第3打席は、7回無死の場面で空振り三振。9回2死の第4打席は、4番手右腕クレイグ・キンブレル投手から左安打を放った。
 
 この日のダルビッシュは、6回(98球)を投げ、被安打1、被本塁打1、与四死球3、奪三振9、失点3の成績で2敗目。防御率は1.77に。秋山は4打数2安打の成績。打率.220となっている。
 
 試合は、レッズが初回に3点を先制して以降、カブスのダルビッシュ、レッズのトレバー・バウアー投手の両先発が好投を見せ、膠着状態に。意地を見せたいカブスは、8回に2死一、三塁のチャンスを作るも無得点に終わると、9回は三者凡退に倒れ、試合終了。3-0でレッズが完封勝ちを収めた。



  • 記者募集