データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



筒香嘉智は2四球で出塁率.348に 秋山翔吾も2四球選んで勝利に貢献

2020/09/06

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



 MLBの5日(日本時間6日)に行われた試合で、筒香嘉智、秋山翔吾両外野手が先発出場。ともに無安打ながら2四球を選び、筒香は2得点をあげた。
 

 
 タンパベイ・レイズの筒香嘉智外野手は、本拠地でのマイアミ・マーリンズ戦に「7番・指名打者」で先発出場。2打数無安打となったが、四球で2度出塁し、いずれも得点をあげた。チームは3-7で敗れている。
 
 第1打席は2回2死無走者の場面。フルカウントからの6球目、速球に空振り三振を喫した。第2打席は5回の先頭打者として迎えると、8球目を冷静に見極めて四球を勝ち取った。その後、マイケル・ペレス捕手の適時打でホームインした。第3打席は、7回の先頭。こちらも8球目まで粘るも見逃し三振に倒れ、チャンスメイクとはならなかった。
 
 最終打席は9回裏2死一塁の場面で、ここは6球目を見逃して四球。チャンスを拡大した。その後、2本の適時打が生まれ、筒香はこの日2得点目を挙げた。
 
 この日の筒香は、2打数無安打2四球2得点の成績。打率は.204となっているが、出塁率は.348とまずまずの数字。この日も4打席で合計30球を投じさせるなど、存在感は示している。
 
 レイズは4回に4点、5回に1点を失う苦しい展開。5回裏に筒香が生還して1点を返したが、その後7回に2点を失って万事休す。9回裏に2点を返したが、反撃は届かず、3-7の敗戦となった。
 
 
 シンシナティ・レッズの秋山翔吾外野手は、敵地でのピッツバーグ・パイレーツ戦に「7番・左翼」で先発出場。2打数無安打2四球で、チームは6-2で勝利している。
 
 秋山の第1打席は2回表2死二塁の場面。四球を選び、チャンスを拡大した。チームはその後、3回に4点を先制した。4回の第2打席は、回の先頭打者として迎え、3球目をとらえるも三ゴロ。5-2と3点リードの6回は、2死無走者から、この日2つ目となる四球で出塁した。この日最後の打席は9回、先頭打者として迎えたが、三飛に終わった。

 
 この日の秋山は、2打数無安打2四球の成績。打率は.196となっている。
 
 レッズは、3回に4点を挙げて主導権を握ると、終盤6回、8回にも追加点をあげた。5人が登板した投手陣も踏ん張り、9回を2点に抑えるリレーでパイレーツ打線を制圧した。

1 2


  • 記者募集