データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、第2打席で先制点に繋がる四球選ぶ エンゼルスはトラウトの2ラン本塁打で2点を先制

2020/09/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手は2日(日本時間3日)、本拠地でのサンディエゴ・パドレス戦に「1番・指名打者(DH)」で先発出場。第2打席で四球を選び、チャンスメイクを見せた。
 

 
 大谷は、0-0の3回2死で迎えた第2打席で、パドレスの先発右腕ディネルソン・ラメット投手と対戦。フルカウントから際どいボールを見極め、四球で出塁すると、続く2番マイク・トラウト外野手が2ラン本塁打を放ち、先制点を挙げた。
 
 試合は3回を終了し、エンゼルスが2点をリードしている。



  • 記者募集