データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



秋山翔吾、「1番・中堅」で先発出場も無安打 レッズは連敗ストップ

2020/08/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 シンシナティ・レッズの秋山翔吾外野手は27日(日本時間28日)、敵地で行われたミルウォーキー・ブリュワーズとのダブルヘッダー(7回制)の1試合目に「1番・中堅」で先発出場。4打数無安打に終わったが、チームは勝利を収めた。
 

 
 第1打席はブリュワーズの先発エイドリアン・ハウザー投手の前に遊ゴロ。第2打席は1点を先制した2回2死一、二塁のチャンスで迎え、二塁走者が三盗に成功しさらにチャンスを拡大させたが、三ゴロに倒れた。
 
 3点リードに変わった4回2死一塁の第3打席は一ゴロ。第4打席は5点にリードを広げた6回無死一、二塁の場面だったが、右飛に終わった。
 
 この試合の秋山は、4打数無安打の成績。打率は.203に下降した。
 
 レッズは2回に9番カート・カサリ捕手の適時打で1点を先制。3回には2番ニック・カステヤノス外野手、3番ジェシー・ウインカー外野手の連続本塁打で2点を追加し、試合を優位に進めた。勢いに乗るレッズ打線は、5回に3番ウインカーの2ラン本塁打、6回に2番カステヤノスの犠飛で6点をリードした。投げては先発ソニー・グレイ投手が5回無失点の好投を見せ、リリーフ陣が1点を失うも、6-1で勝利。連敗を4で止めた。



  • 記者募集