データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



平野佳寿、1回無失点で移籍後初ホールド! マリナーズは4連勝で好調維持

2020/08/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 シアトル・マリナーズの平野佳寿投手は25日(日本時間26日)、敵地でのサンディエゴ・パドレス戦にリリーフ登板。1回を無失点に抑え、移籍後初ホールドを記録した。
 

 
 マリナーズは初回に4番カイル・シーガー内野手の犠飛などで2点を先制。2回にも1番J.P.クロフォード内野手の2ラン本塁打でリードを4点に広げた。先発のマルコ・ゴンザレス投手は3回に3失点を喫し、1点差に詰め寄られたが、リードを守り5回を投げ切った。
 
 マリナーズは6回、5番オースティン・ノラ捕手の本塁打などで2点を追加し再びリードを広げると、その裏、平野が2番手としてマウンドへ上がった。
 
 先頭の7番ジェイク・クローネンワース内野手を中飛、8番ジュリクソン・プロファー外野手を二ゴロに打ち取り、簡単に2死を奪うと、9番オースティン・ヘッジス捕手には四球を与えたが、続く1番トレント・グリシャム外野手を伝家の宝刀スプリットで遊ゴロとし、無失点でバトンを繋いだ。
 
 マリナーズは、7回にも6番エバン・ホワイト内野手の適時打などでさらに2点を加えると、リリーフ陣が無失点リレーを見せ、8-3で勝利。連勝を「4」に伸ばした。

1 2


  • 記者募集