データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



筒香嘉智、「8番・左翼」で1安打も途中交代 レイズは接戦制す

2020/08/26

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 タンパベイ・レイズの筒香嘉智外野手は25日(日本時間26日)、本拠地でのボルチモア・オリオールズ戦に「8番・左翼」で先発出場。3打数1安打を放ち、7回の守備で途中交代となった。チームは4-2で勝利を収めた。
 

 

 第1打席は3-1の2回無死からオリオールズの先発トミー・ミローン投手に対し、空振り三振。1点差に詰め寄られた4回1死の第2打席は見逃し三振に終わった。
 
 6回1死一、二塁の好機で迎えた第3打席では左安打を放ち、チャンス拡大。代打・崔志萬の犠飛に繋げたが、7回の守備からベンチに退いた。
 
 この日の筒香は、3打数1安打の成績。打率.184となっている。
 
 レイズは初回に先制を許すも、2回に6番ハンター・レンフロー外野手、7番マニュエル・マーゴ外野手の連続本塁打で3点を奪い逆転に成功。4回に1点差とされるも、6回に代打崔志萬の犠飛で再び2点差とした。投げては先発タイラー・グラスノー投手が7回2失点の好投を見せ、4-2で勝利。カード初戦を白星で飾った。



  • 記者募集