データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、7回11奪三振1失点の好投で3勝目! カブスは3連勝で首位を独走

2020/08/14

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手は13日(日本時間14日)、本拠地でのミルウォーキー・ブリュワーズ戦に先発登板。7回1失点の好投で、今季3勝目を手にした。
 

 
 ダルビッシュは初回、2死後に3番クリスチャン・イェリッチ外野手に死球を与えると、二盗を許し、得点圏に走者を置かれた。しかし4番アビサイル・ガルシア外野手を91.1マイル(約146キロ)のカットボールで空振り三振に仕留め、ピンチを切り抜けた。
 
 すると1回裏に味方が1点を先制。2回表は5番ジャスティン・スモーク内野手、6番オマー・ナルバエス捕手から連続三振を奪い、無失点に抑えると、2回裏にも追加点をもらった。
 
 3回、4回と三者凡退に抑えると、2-0のまま勝利投手のかかった5回のマウンドへ。簡単に2死を奪うも、8番オーランド・アーシア内野手に四球を与えたが、続く6番ブロック・ホルト内野手を二ゴロに切って取った。
 
 ここまでブリュワーズ打線を無安打に抑えているダルビッシュは6回表、1番から始まる上位との対戦だったが、連続三振で2死。初回に死球を与えている3番イェリッチは77.8マイル(約126キロ)のナックルカーブで中飛とし、三者凡退に抑えた。すると打線が6回裏に2点を追加。点差を4点に広げた。
 
 7回も続投したダルビッシュは1死後、5番スモークに甘く入ったカットボールを右翼スタンドに運ばれ1失点。ノーヒットノーラン、完封勝利はここで途絶えた。しかし後続2者を打ち取ってこの回を切り抜け、リリーフ陣に後を託した。
 
 ダルビッシュは7回1失点、被安打1、与四球2、奪三振11の好投で3勝目をマーク。防御率は驚異の1.88とした。
 
 カブスは初回、内野ゴロの間に1点を奪い先制。2回には5番カイル・シュワーバー外野手のソロ本塁打で1点を追加した。その後は両チーム無得点が続いたが、6回に6番イアン・ハップ外野手、7番・デビッド・ボート内野手の連続適時打で貴重な追加点を奪い、リードを4点に広げた。7回、9回に1点ずつを失ったが、リードを守り切り、4-2で勝利。接戦を制し、連勝を3に伸ばした。

1 2


  • 記者募集