データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・トラウト、「産休」明け7打席で3本塁打! パパは絶好調!

2020/08/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスのマイク・トラウト外野手は4日(日本時間5日)、第1子誕生のため取得していた「産休」から試合に復帰。この日の第1打席で本塁打を放つと、勢いは止まらず、翌日に2本塁打を放って見せた。その後も好調を維持する「パパ・トラウト」から目が離せない。
 

 
 29歳のトラウトは、三度のMVP受賞を誇る「現代最高の選手」だ。プライベートでは、2017年にジェシカ・コックスさんと結婚。そして今年、第1子が誕生。トラウトは「産休」を取得し、チームを離れていた。
 
 復帰後初めての試合は4日(同5日)のシアトル・マリナーズ戦だった。初回の第1打席で左中間に先制ソロ本塁打を叩き込むと、三塁を周りながら右手を掲げて見せた。翌日も勢いはそのままに、4打数2安打2本塁打4打点の大活躍。新たな家族を迎え、絶好調で再スタートを切った。
 
 その後は本塁打こそ出ていないものの、8月は5試合連続で安打を記録。思うような結果を残せていないエンゼルス打線において、気を吐いている。
 
 打撃、守備、走塁全てにおいて高いレベルを誇り、「12年・479億円」というMLB史上最高の契約を結んだトラウト。「パパ」として、また新しい次元に足を踏み入れることとなるだろうか。

1 2


  • 記者募集