データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ヤンキースが“不良債権”エルズベリーと契約解除、大砲バードは戦力外に。「ルール5ドラフト」対策による措置

2019/11/21

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , ,



 ニューヨーク・ヤンキースは20日(日本時間21日)、ジャコビー・エルズベリー外野手との契約を解除、グレッグ・バード内野手をメジャー40人枠から外す事実上の戦力外(DFA)とした。米公式サイト『MLB.com』が同日、報じている。
 
 エルズベリーは、ボストン・レッドソックス時代の2011年に「トリプルスリー」も達成した選手だが、2014年に7年1億5300万ドル(約170億円)でヤンキースに移籍してからは成績が急降下。故障の影響もあり昨季から2年連続でメジャーの舞台に姿を現すことはなかった。
 
 バードは、昨季2年ぶりに2桁本塁打を達成し大砲候補として飛躍が期待されたが、今季は故障で10試合の出場にとどまっていた。
 
 今回の措置は、「ルール5ドラフト」から有望株選手を保護するためのもの。エステバン・フロリアル外野手、ニック・ネルソン投手ら7選手が新たに40人枠に加えられた。一方で、エルズベリー、バードに加え、左腕ネスター・コルテスJr.も枠から外れた。




  • 記者募集