データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ナショナルズ逆王手!ストラスバーグ9回途中2失点の熱投で望み繋げる 指揮官退場も初世界一へ投打一丸【MLBワールドシリーズ】

2019/10/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , ,



イートン&ソトの2者連続弾で逆転!バーランダーを再び攻略

 ヒューストン・アストロズとワシントン・ナショナルズによるワールドシリーズ第6戦が29日(日本時間30日)、アストロズの本拠地ミニッツメイド・パークで行われ、ナショナルズが勝利。シリーズ3勝3敗のタイとして、決着は最終第7戦に持ち込まれることになった。
 
 アストロズが敵地で3連勝して2年ぶり世界一へ王手、ナショナルズが崖っぷちに立たされて迎えた第6戦。アストロズはジャスティン・バーランダー投手、ナショナルズはスティーブン・ストラスバーグ投手と第2戦で投げ合った先発2人が再びヒューストンの地で顔を合わせた。
 
 試合は初回から動く。まず先手を取ったのはナショナルズ。先頭のトレイ・ターナー内野手がチャレンジの末に内野安打で出塁すると、送りバントで1死二塁となった後に3番のアンソニー・レンドーン内野手の中前への適時打によって1点を先制した。
 
 するとアストロズも、直後の攻撃で先頭のジョージ・スプリンガー外野手が二塁打で出塁。ストラスバーグの暴投で三塁に走者を進めると、続く2番ホセ・アルトゥーベ内野手が左翼フェンスギリギリへの犠飛を放ってすぐさま同点に追い付く。
 
 さらにアストロズは2死から4番のアレックス・ブレグマン内野手が94マイル(約151キロ)のツーシームを完璧に捉えると、打球は左翼スタンドに突き刺さるソロ本塁打となって2-1と勝ち越しに成功した。
 
 2回~3回はバーランダー、ストラスバーグがともに無失点。特に3回は両者3者凡退に打ち取り、投手戦に突入する雰囲気を漂わせる。4回も得点圏を含めて2人の走者を置いたが、ピンチをしのいで打線の奮起を待った。
 
 3イニング連続で得点が入らず、この状況を先に破ったのは追うナショナルズだった。5回、1死から2番のアダム・イートン外野手がバーランダーに対して85.1マイル(約137キロ)のスライダーを捉え、これが右翼スタンドへのソロ本塁打となって2-2の同点。
 
 さらに2死から4番のフアン・ソト外野手も95.9マイル(約154キロ)のフォーシームを右翼2階スタンドへ2者連続のソロ本塁打を放ち、3-2と逆転した。ソトはこれでシリーズ3本目の本塁打としている。
 
 試合をひっくり返したナショナルズは、指揮官が第7戦での登板を明言していたマックス・シャーザー投手がブルペンへ。僅差ということもあり、そのまま投球練習を開始した。
 
 一方のアストロズは、6回から継投。5回3失点のバーランダーはまたもワールドシリーズの勝利はならなかった。打線も依然としてストラスバーグの前に走者は出すもののあと一本が出ず。6回は無死から走者を出しながら、2者連続で併殺崩れともどかしい攻撃が続いた。

1 2 3