データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



アストロズ、バーランダーがまさかの4回途中KO 地区S第4戦でレイズに2被弾含む7安打許す

2019/10/09

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



初回にいきなり3失点

 ヒューストン・アストロズのジャスティン・バーランダー投手が8日(日本時間9日)、敵地トロピカーナ・フィールドで行われたタンパベイ・レイズとのアメリカン・リーグ地区シリーズ第4戦に先発したが、4回途中4失点で降板した。
 
 シリーズ第1戦で7回無失点と好投したバーランダーが、中3日のマウンドとなった第4戦でまさかの4回途中KOとなった。
 
 初回に1死からレイズ2番のトミー・ファム外野手に88マイル(約142キロ)のチェンジアップを左中間スタンドに運ばれる先制ソロ本塁打を被弾。
 
 さらに四球と安打で2死一、二塁のピンチを招くと、6番トラビス・ダーノウ捕手には左前適時打、7番ジョーイ・ウェンドル内野手には右翼線への適時二塁打を浴びて0-3とされた。
 
 バーランダーがポストシーズンで初回に3失点をしたのは初めてで、敵地の盛り上がりもあってアストロズ、バーランダーにとっては重苦しい雰囲気が漂う。
 
 バーランダーは2回、3回は球数を掛けながらも何とか無失点に抑えたが、4回は先頭の9番ウィリー・アダメズ内野手に85.6マイル(約138キロ)のスライダーを中堅バックスクリーン左へ再びソロ本塁打を浴びて0-4。この後2死を取ったが、4番のチェ・ジマン内野手に四球を許したところで降板を告げられた。
 
 バーランダーはこの日3回2/3、84球(ストライク52球)を投げて被安打7、与四球3、奪三振5、失点4の内容。バーランダーはマウンド上で時折イライラする表情や仕草を見せながらの投球で、不本意な結果での無念の降板となってしまった。