データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース、前田健太0封も投手陣“ほぼ総崩れ” 指揮官の起用裏目も「プロセス良かった」

2019/10/08

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , , , , , ,



先発ヒルは4四球で3回持たず…4番手バイエズは痛恨3ラン浴びる

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が7日(日本時間8日)、敵地ナショナルズ・パークで行われたワシントン・ナショナルズとのナショナル・リーグ地区シリーズ第4戦にリリーフ登板し、1回1/3を無失点に抑える好投を見せたが繋がらなかった。
 
 ドジャースは先発の左腕リッチ・ヒル投手が3回途中1失点ながら4四球を与えるなど安定せず。1-1の同点、なおも2死満塁のピンチという場面で前田が2番手として登板した。
 
 前田は、5番のハウィ・ケンドリック内野手に対して外角低めのスライダーを続けカウント1-1とすると、最後も外角低めへの85.3マイル(約137キロ)のスライダーで三ゴロに打ち取り、ナショナルズの攻撃を食い止める。
 
 続く4回は先頭からライアン・ジマーマン内野手、カート・スズキ捕手とスライダーで空振り三振に仕留めると、マイケル・テイラー外野手には不運な当たりで内野安打とされたが、雨が強くなる中で最後はマックス・シャーザー投手を中直に打ち取り無失点とした。
 
 前田はこの日1回1/3、20球(ストライク15球)を投げて被安打1、無四球、奪三振2、無失点。今ポストシーズンはこれで3試合連続無失点となった。
 
 前田の好投で波に乗りたいドジャースだったが、5回に3番手のフリオ・ウリアス投手、4番手のペドロ・バイエズ投手が崩れて計4失点。1-5と一気に引き離されてしまう。
 
 ドジャースは打線もナショナルズ先発のマックス・シャーザー投手に対して2回以降沈黙。6回には逆にドジャース5番手のロス・ストリップリング投手が二塁打と暴投などで1死三塁とピンチを招くと、アンソニー・レンドーン内野手に犠飛を浴びて1-6とリードを広げられた。
 
 7回からは6番手のダスティン・メイ投手が2回を無失点に抑えたものの、最後まで反撃できず、そのまま1-6で敗れてシリーズ成績を2勝2敗のタイとされた。
 
 米メディア『CBC』によると、ドジャース先発のヒルは試合後「3回のイニングを終えることができたら状況は変わっていたかもしれない」と反省の弁。
 
 そして、デーブ・ロバーツ監督は、5回にライアン・ジマーマン内野手に痛恨の3ラン本塁打を浴びたバイエズについて「彼は(ジマーマンと)良いマッチアップだったと感じた。ああいう場面が得意だと思ったから起用したし、ピンチを切り抜けられることを考えていた」とコメントした。
 
 前田とメイ以外の4投手が“総崩れ”となって痛い敗戦を喫したドジャース。「結果は確かに我々が期待していたものではなかったが、プロセスに関しては良かった」と指揮官は話しているが、本拠地ロサンゼルスに戻って行う最終第5戦はホームの声援を背に勝ち切ることはできるだろうか。