データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



レイズ、一発攻勢でアスレチックス撃破 ディアズ2打席連続弾、地区シリーズはアストロズと対戦【MLBワイルドカード】

2019/10/03

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , , , , , ,



自慢の投手力は健在

 オークランド・アスレチックスとタンパベイ・レイズによるワイルドカードゲーム(地区シリーズ進出決定戦)が2日(日本時間3日)、アスレチックスの本拠地で行われた。試合は、レイズが5-1でアスレチックスを破り、地区シリーズ進出を決めている。
 
 メジャーリーグは1日(同2日)にポストシーズンが開幕。2日目となったこの日は、アメリカン・リーグ西地区2位のアスレチックスと東地区2位のレイズによる一戦が行われた。アスレチックスは左腕ショーン・マネイア投手、レイズはチャーリー・モートン投手の両先発で始まった試合は、レイズが終始ペースを握り続けた。
 
 初回、ヤンディ・ディアズ内野手が、先頭打者本塁打を放ちマネイアの立ち上がりをくじくと、2回には6番アビザイル・ガルシア外野手の2ランで3点差に。続く3回には再びディアズが2打席連続アーチを放ち、マネイアをノックアウトした。さらに1-4で迎えた5回には、2番トミー・ファム外野手にもソロ本塁打が飛び出し、リードを4点に広げた。
 
 投げては先発モートンが5回を自責点ゼロに抑える快投を披露すると、6回以降はブルペン陣が、無失点リレーでアスレチックス打線を封じ込めた。
 
 自慢の投手力と一発攻勢で主導権を譲らなかったレイズは、5-1で勝利。地区シリーズでは4日(同5日)から、ア・リーグ勝率1位のヒューストン・アストロズと対戦する。