データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



カブス・ダルビッシュ有、7回13Kも実らず7敗目 逆転地区Vへ痛い1敗、ブリュワーズと同率2位に

2019/09/18

text By

タグ: , , , , , , ,



首位カージナルスが敗れ、差を縮めるチャンスも

 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が17日(日本時間18日)、本拠地リグレー・フィールドでのシンシナティ・レッズ戦に先発登板し、7回13奪三振の力投も実らず4失点で7敗目を喫した。
 
 前回登板で14奪三振を見せる快投で7勝目を挙げたダルビッシュが、この日も勢いそのままに奪三振ショーを披露した。
 
 初回に適時打と2ラン本塁打を浴び3失点を喫するも、2回の2アウト目から4回まで球団新の8者連続三振。2-3と1点差で迎えた5回には4点目を失い2点差となったが、6回にはわずか5球で3者凡退に打ち取る省エネ投球も見せた。
 
 7回も1三振を含む3者凡退に抑えたダルビッシュは、直後の攻撃で代打を送られ交代。この日は7回102球(ストライク69球)を投げて被安打6、与四球1、奪三振13、失点4で防御率4.02としている。
 
 一方、カブスはレッズ先発のソニー・グレイ投手の前にカイル・シュワーバー外野手が初回に適時二塁打、3回に適時三塁打と気を吐いたが、打線が繋がらず。試合を通じてリードを奪うまではいかなかった。
 
 結局、4回以降無得点に終わったカブスは、そのまま2-4で惜敗。投手陣もダルビッシュの後を3投手が無失点で繋いだが、勝利には結びつかず。力投を演じた先発のダルビッシュが今季7敗目を喫する結果となった。
 
 この日、地区優勝を争う中地区首位のセントルイス・カージナルスが敗れたため、2位カブスとしては同地区4位のレッズを相手に勝っておきたかったが痛い1敗に。差は2.0ゲームのまま変わらないが、試合前まで3位だったミルウォーキー・ブリュワーズが勝ったことでカブスとブリュワーズが同率2位で並ぶことになった。