データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



MLB史上、達成者わずか4人。 21歳の怪物・アクーニャJr.が迫る伝説的な数字とは?

2019/09/13

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 アトランタ・ブレーブスのロナルド・アクーニャJr.外野手が12日(日本時間13日)の試合終了時点で39本塁打、36盗塁を記録している。このまま順調に『40本塁打&40盗塁』を達成すれば、長いMLBの歴史でわずか5人目の達成となる。昨季新人王がわずか21歳にして歴史を塗り替えるのか、全米の注目が集まっている。
 
 アクーニャは昨季、20歳でメジャーデビューを果たすと、打率.293、26本塁打、64打点、16盗塁の成績でナショナル・リーグ新人王を受賞。2年目のジンクスとは無縁で、今季はその数字をさらに伸ばしてきた。
 
 同日の試合終了時点で、打率.281、39本塁打、95打点、36盗塁でOPS(出塁率+長打率)は.883。チームはレギュラーシーズン14試合を残し、アクーニャの『40本塁打&40盗塁』同時達成が現実味を帯びてきた。
 
 実はこの数字を1シーズンに同時に達成した選手は長い歴史の中でわずか4人。いずれもレジェンド級の名前が並んでいる。
 
ホセ・カンセコ      42本&40個 (1988年、24歳)
バリー・ボンズ      42本&40個 (1996年、32歳)
アレックス・ロドリゲス  42本&46個 (1998年、23歳)
アルフォンソ・ソリアーノ 46本&41個 (2006年、29歳)
 
 偉大な名前が並ぶ中に、21歳のアクーニャは割って入れるだろうか。若き怪物への期待は高まるばかりだ。

1 2



  • 記者募集