データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、MVP右腕の多彩な攻めに苦戦 高めの速球に三邪飛&5球連続カーブの末に空三振

2019/09/10

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が9日(日本時間10日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのクリーブランド・インディアンス戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、2打席目まで2打数無安打1三振となっている。
 
 エンゼルスは初回、先発のパトリック・サンドバル投手がヤシエル・プイーグ外野手に適時打を浴び1点を失う。
 
 打線は、今季のオールスターゲーム最優秀選手(MVP)の右腕シェーン・ビーバー投手と対戦。1死からデビッド・フレッチャー内野手が中前安打で出塁し、1死一塁の場面で大谷が第1打席を迎えた。
 
 大谷はカウント0-1からの2球目、高めの93.5マイル(約150キロ)のフォーシームを打ち上げ、打球はファールゾーンのフェンス寸前で三塁手の張育成内野手によって捕球された。
 
 エンゼルスは続く2回にもジェイソン・キプニス内野手に2ラン本塁打を浴びて0-3。しかし、その直後に5番のアルバート・プホルス内野手が通算655号となる第22号ソロ本塁打を放ち1点を返す。
 
 サンドバルが3回に味方の好守もあってこの日初めて3者凡退に抑えると、その後の攻撃で大谷が1死走者なしの場面で第2打席が回ってきた。
 
 初回に速球を打ち損じた大谷だったが、この打席ではナックルカーブで低めを徹底的に攻められ、カウント1-2からの5球目、低め83.3マイル(約134キロ)のナックルカーブに空振り三振。5球連続ナックルカーブという攻めに屈する形となった。




  • 記者募集