データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、「打撃妨害」で出塁し追加点のホーム踏む エンゼルスはプホルスの一発などで初回5得点

2019/08/20

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



4番アプトンから3連打!適時打、適時打、本塁打

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が19日(日本時間20日)、敵地グローブライフ・パークでのテキサス・レンジャーズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第1打席は打撃妨害で出塁した。
 
 前日に待望の一発、第16号本塁打が飛び出した大谷は、この日は敵地でレンジャーズと対戦。相手先発は左腕のコルビー・アラード投手だが、1死一塁の場面で迎えた第1打席はカウント2-2からの6球目をファールとした際にバットと捕手のキャッチャーミットが当たり「打撃妨害」に。一、二塁とチャンスが広がった。
 
 そして続くジャスティン・アプトン外野手が左中間へ適時二塁打を放ってエンゼルスが1点を先制。さらにコール・カルフーン外野手も右前適時打で続いて大谷がホームに生還し2-0とした。なおもエンゼルスは一、三塁とチャンス。ここで6番のアルバート・プホルス内野手が左翼スタンドへ完璧な一発を放り込み、通算652号となる今季19号3ラン本塁打で5-0とリードを広げた。
 
エンゼルスのスターティングメンバ―は次の通り。
 
<エンゼルス>
1番(三)デビッド・フレッチャー
2番(中)マイク・トラウト
3番(指)大谷翔平
4番(左)ジャスティン・アプトン
5番(右)コール・カルフーン
6番(一)アルバート・プホルス
7番(二)ルイス・レンヒフォ
8番(遊)ウィルフレド・トーバー
9番(捕)マックス・スタッシ
(投)ディロン・ピータース