データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・トラウト38号でア・リーグ本塁打王独走態勢 大谷は8回まで出場なし、試合は雨天中断に

2019/08/07

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , , ,



 ロサンゼルス・エンゼルスは6日(日本時間7日)、敵地でシンシナティ・レッズと対戦。3番・中堅手のマイク・トラウト選手が今季38号のソロ本塁打を放つも、4-7とリードを奪われたまま8回に雨天のため試合が中断されている。ベンチスタートの大谷翔平投手はここまで出場していない。
 
 試合は初回、エンゼルスが4番ジャスティン・アップトン外野手の3点本塁打で先制。主導権を握ったかと思われたが、レッズが裏に即座に反撃し、同点に持ち込んだ。4回裏にはレッズ打線が3点を奪って勝ち越しに成功。
 
 5回表のエンゼルスの攻撃は2死無走者からトラウトが中堅への特大のソロ本塁打。完ぺきな当たりで追撃した。しかしその後6回裏には、さらに1点を奪われ、エンゼルスの3点ビハインドで試合は終盤に入った。
 
 試合は8回表のエンゼルスの攻撃、1死二塁で雨天のため中断中。再開の見通しは立っていないが、最終盤に大谷の代打出場はなるだろうか。
 
 トラウトは38号本塁打で、ア・リーグ2位のマックス・ケプラー外野手に7本差をつけて独走状態。キャリアハイ更新、そして自身初となる本塁打王タイトルに期待大だ。