データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ダルビッシュ有、6回2失点の好投も痛恨勝ち越し被弾 5戦連続6回以上投球&その間3度目の無四球

2019/07/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



“ライバル対決”立ち上がりから安定

 ナショナル・リーグ中地区首位タイ、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手が30日(日本時間31日)、敵地ブッシュ・スタジアムで同地区首位で並ぶセントルイス・カージナルス戦に先発登板。6回2失点の好投も実らず4勝目はならなかった。
 
 4試合連続で6イニング以上を投げ、その間1勝0敗、計24回2/3を投げて防御率2.92、与四球2、奪三振27と安定した成績を残しているダルビッシュ。この日は伝統あるカージナルス戦での登板となった。
 
 前回5月31日(同6月1日)にカージナルス戦で登板した際には6回1失点と好投したが、この日も立ち上がりからリズムの良い投球を見せる。
 
 ダルビッシュは初回、先頭のトミー・エドマン内野手を86.4マイル(約139キロ)のカットボールで空振り三振を奪うと、続く打者もカットボールで右飛。そして3番のホセ・マルティネス外野手に対しては97.7マイル(約157キロ)のフォーシームで見逃し三振と3者凡退に抑えた。
 
 2回は2死からコルテン・ウォン内野手にカットボールを右前へ運ばれ初安打を許したが、後続を抑えて無失点。3回もチェンジアップとフォーシームを決め球に2三振を奪うなど、序盤3回までカージナルス打線を封じ込めた。
 
 カブスは、4回にカージナルス先発のアダム・ウェインライト投手から2死三塁のチャンスを作り、ハビア・バイエズ内野手の左前適時打で先制に成功。しかし、直後の守りでダルビッシュが突如乱れる。
 
 先頭から連打を許し一、三塁のピンチを招くと、続く打者を空振り三振を奪った際に暴投を記録し1死二、三塁。さらにウォンの打席の初球スライダーで再び暴投し、三塁走者の生還を許して1-1の同点とされた。その後は何とかしのいで逆転こそされなかったが、不安の残るイニングとなった。
 
 再び試合は振り出しに戻った形となり、ダルビッシュとしては切り替えていきたいところ。味方打線が無得点に終わった5回は、2死からエドマンに右前安打。直後に盗塁を許して再び得点圏に走者を背負う。それでも、2番デクスター・ファウラー外野手を90マイル(約145キロ)のカットボールで空振り三振に仕留めて前半5回までを投げ終えた。
 
 カブス打線は、37歳のベテラン右腕ウェインライトに対して6回に三振併殺を喫したが、2死から4番のアンソニー・リゾ内野手が中堅へこの日両チームとして初となる二塁打を放ちチャンスを作る。
 
 続くバイエズは申告敬遠で一、二塁。さらにビクター・カラティーニ捕手も四球を選んで満塁とチャンスを広げると、ここで95球に達したウェインライトをマウンドから引きずり下ろした。
 
 カージナルス2番手で登板したジオバニー・ガエゴス投手に対して、絶好機で打席に立ったのは7番のカイル・シュワーバー外野手。しかしシュワーバーはカウント1-2から左飛に倒れて勝ち越しはならなかった。
 
 一方、ここまで84球(ストライク57球)を投げているダルビッシュは6回、1死から4番のポール・ゴールドシュミット内野手に対してカウント1-1から91.9マイル(約148キロ)のツーシームを捉えられると、打球は左中間スタンドに飛び込む痛恨の勝ち越しソロ本塁打となった。
 
 ダルビッシュはこの回を最少失点に抑えたものの、1-2と勝ち越しを許し、7回の攻撃で代打を送られ交代を余儀なくされた。ダルビッシュはこの日6回98球(ストライク67球)を投げて被安打6、無四球、奪三振9、失点2の内容で防御率は4.46。7回もカブスは無得点に終わるなど、味方の援護にも恵まれなかったこともあり4勝目はならなかったが、5試合連続で6イニング以上を投げてこの間無四球は3度目と安定した内容は続いている。次回登板にも期待がかかるところだ。