データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、1カ月ぶりの大暴れ3安打“猛打賞” 中前適時打でエンゼルスがリード広げる

2019/07/31

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



シモンズにも適時打が飛び出し5回終了時で4-0

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が30日(日本時間31日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席に痛烈な当たりの中前適時打を放った。
 
 大谷は初回の第1打席で、タイガース先発の右腕ドリュー・バーヘイゲン投手から12打席ぶりの安打となる中前安打。久々に快音を響かせた。
 
 エンゼルスは2回にマット・サイス内野手の第5号2ラン本塁打で2点を先制。投げても先発のグリフィン・キャニング投手も3回まで無失点で試合の主導権を握る。
 
 大谷は3回の先頭打者として迎えた第2打席でフォーシームを捉え三塁への内野安打を記録。今季23度目となる1試合複数安打をマークした。
 
 さらに大谷は続くコール・カルフーン外野手の打席で今季9個目の盗塁成功。走攻に渡って無安打だった前日までの鬱憤を晴らした。
 
 そして5回、大谷は再びエンゼル・スタジアムに快音を響かせる。先頭の1番ブライアン・グッドウィン外野手が二塁打で出塁すると、1死となって大谷が打席へ。大谷はカウント1-0からの2球目、外角低め92.1マイル(約148キロ)のツーシームを弾き返すと、痛烈な打球は中堅方向へ超低空で伸びる適時打となった。
 
 エンゼルスは3-0とリードを広げ、大谷はこれで6月28日(同29日)以来となる1試合3安打“猛打賞”。打率を試合前の.285から.293に上げた。
 
 大谷の適時打の後、2死一、二塁となって6番のアンドレルトン・シモンズ内野手がタイガース野手陣3人の間にポトリと落ちる適時二塁打(記録は遊撃への二塁打)となって二塁走者の大谷が生還。4-0としてバーヘイゲンをノックアウトした。