データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



ドジャース・前田健太、6失点KOで8敗目…ついに負けが上回る 5回は1死も取れずメッタ打ち

2019/07/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



打線は2回の好機で痛い3者連続凡退

 ロサンゼルス・ドジャースの前田健太投手が29日(日本時間30日)、敵地クアーズ・フィールドでのコロラド・ロッキーズ戦に先発登板。5回途中6失点で8敗目を喫した。
 
 前田はこの日、過去6勝3敗で防御率2.41と好相性のロッキーズ戦に7月初勝利を懸けてマウンドに登ったが、待ち受けていたのは厳しい内容だった。
 
 前田に初回にフォーシーム、スライダーを決め球に2三振を奪うなど無失点の立ち上がり。ドジャースは2回の攻撃でロッキーズ先発のジョン・グレイ投手から無死一、二塁のチャンスを作るも後続が相次いで凡退し無得点と前田に援護点を与えることはできなかった。
 
 投手戦の雰囲気が漂う2回、前田は1死からイアン・デズモンド外野手に中堅への三塁打を許すと、続くライメル・タピア外野手に右前適時打を浴びて与えたくなかった先制点を与えてしまった。
 
 それでも、ここから前田は立て直す。3回は初回に続いて2三振を奪いこの日初めての3者凡退。4回も2死からデズモンドに中前安打を許したが、2イニング続けて無失点に抑えて味方の攻撃を待った。
 
 しかしドジャース打線はグレイに苦戦。4回は初回以来の3者凡退に打ち取られて無得点。ここまでの安打はマックス・マンシー内野手が3回に放った中前安打1本のみと抑えられてしまう。
 
 すると5回、前田に試練が訪れる。先頭のトニー・ウォルターズ捕手に右前安打、投手のグレイには四球を与え無死一、二塁のピンチを招くと、ここでデビッド・ダール外野手に低めのチェンジアップを中前へ弾き返され、2失点目を喫した。
 
 さらに続くトレバー・ストーリー内野手には初球のチェンジアップを二塁への内野安打とされて満塁。ここで3番のノーラン・アレナド内野手に右前へ2点適時打。四球を挟んでライアン・マクマーン内野手にも初球を叩かれて右翼へ2点適時打を打たれて前田はこの回1死も取れないまま5失点しノックアウトとなった。
 
 ドジャースはなおも無死二、三塁でマウンドに上がった2番手のケイレブ・ファーガソン投手は満塁としたが、後続を3者連続で打ち取って追加点は許さなかった。
 
 前田はこの日4回0/3、92球(ストライク58球)を投げて被安打8、与四球2、奪三振5、4月23日(同24日)に喫して以来となる失点6の内容で防御率4.15。6月未勝利だった前田はこれで7月も未勝利のまま終えることがほぼ確定となった。
 
 0-6と6点を追うドジャースは、8回にジョク・ピーダーソン外野手の内野ゴロの間に1点を返すも、直後にダールに2ラン本塁打を浴びるなど3失点。結局1-9で完敗し連敗となって、先発の前田は8敗目がついて自身7勝8敗とついに負けが先行する形となった。