データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、四球選び満塁の絶好機演出も実らず エンゼルスは主軸凡退で逆転ならず3者残塁

2019/07/30

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



1点差に詰め寄るも、あと一本が出ず

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が29日(日本時間30日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのデトロイト・タイガース戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は四球で好機を演出するも追加点には繋がらなかった。
 
 エンゼルスは初回に先発のハイメ・バリア投手がタイガースの主砲ミゲル・カブレラ内野手に中堅バックスクリーンへのソロ本塁打を浴びた後、4回にはクリスチャン・スチュワート捕手に適時二塁打を浴びて2失点目。さらに5回にジョディ・マーサー内野手にソロ本塁打を浴びて5回3失点で降板となった。
 
 大谷は、タイガース先発の右腕ジョーダン・ジマーマン投手の前に第1打席は二ゴロ併殺、第2打席は右飛と苦戦する。エンゼルスは5回にコール・カルフーン外野手の第24号ソロ本塁打で1点を返した後、6回にはデビッド・フレッチャー内野手の適時二塁打でさらに1点を追加。2-3と1点差に詰め寄った。
 
 なおもマイク・トラウト外野手が死球となるなど1死一、三塁とチャンスが広がり、ここで大谷が第3打席を迎えた。投手はジマーマンから左腕ブレイン・ハーディ投手に代わって、大谷はカウント3-1から内角高めのボール球を避けて四球。満塁となって、続く4番ジャスティン・アプトン外野手に委ねられた。
 
 しかしアプトンはフルカウントから外角低めのチェンジアップに空振り三振。なおも2死満塁で本塁打を打っているカルフーンに回ったが、カルフーンもカーブに空振り三振を喫して3者残塁。一気に同点、逆転とはいかなかった。