データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



大谷翔平、やっと出た!15戦ぶり第15号同点ソロ 右手一本で押し込んだ134.4mの特大アーチ

2019/07/28

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , ,



低めのスライダーを完ぺきに捉え中堅へ

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が27日(日本時間28日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第2打席に特大の第15号同点ソロ本塁打を放った。
 
 エンゼルスは初回に2点を先制されるも、直後の攻撃で2番のマイク・トラウト外野手がオリオールズの先発右腕アーロン・ブルックス投手から第34号2ラン本塁打を放ち2-2の同点とする。
 
 しかし、続く大谷はカウント2-2から外角低め84.2マイル(約135キロ)のチェンジアップに空振り三振。過去2打数1安打(1本塁打)としている右腕に苦手のコースを突かれた形となった。
 
 エンゼルスは2回、安打と四球などで2死一、二塁のチャンスを作ると、1番のデビッド・フレッチャー内野手が左翼線へ2点適時二塁打を放ち2点を追加。4-2と勝ち越しに成功した。
 
 エンゼルス先発のディロン・ピーターズは2回は無失点としたものの、3回に2死走者なしからピンチを招き、適時二塁打、2ラン本塁打を浴び3失点。4-5と再びリードを許す苦しい投球となった。
 
 大谷は3回に先頭打者として第2打席を迎え、カウント2-2からの5球目、低め83マイル(約134キロ)のスライダーを捉えると、最後は右手一本で押し切り、打球は中堅方向へぐんぐん伸びてバックスクリーンを超える第15号同点ソロ本塁打となった。
 
 米解析サイト『Statcast』によれば、この本塁打の打球初速は107マイル(約172キロ)、打球角度24度、最高地点84フィート(25.6メートル)、飛距離441フィート(134.4メートル)、滞空時間5.3秒の特大アーチだった。
 
 大谷自身にとってはこれがシーズン後半初の本塁打。7月7日(同8日)以来15試合ぶりの一発となった。

1 2