データやコラム、多角的な視点で野球の魅力を発信!ベースボールチャンネル(BaseBall Channel)



エンゼルス・大谷翔平、好機で迎えた第3打席に遊ゴロ 再び初球弾き返すも右寄りシフトにかかる

2019/07/27

text By

photo

Getty Images

タグ: , , , , , , , ,



後続も凡退し反撃の得点ならず

 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平選手が26日(日本時間27日)、本拠地エンゼル・スタジアムでのボルティモア・オリオールズ戦に「3番・指名打者(DH)」で先発出場し、第3打席は遊ゴロに倒れた。
 
 2試合連続無安打でこの日を迎えた大谷は、オリオールズ先発の右腕アッシャー・ウォジャハウスキー投手に対して第1打席はカーブに右飛に打ち取られ、エンゼルス打線も3回まで1人の走者も出せず苦戦を強いられる。
 
 一方、エンゼルス先発のニック・トロピアーノ投手は、急遽昇格し今季初先発ということもあってか初回にいきなり失点。2回には3ラン本塁打を浴びるなど一挙6失点し序盤で0-7とオリオールズに突き離された。
 
 ウォジャハウスキーがパーフェクト投球を続ける中、エンゼルスは4回、2死走者なしの場面で大谷が第2打席を迎える。大谷は初球の内角に来たフォーシームを引っ張り込むと、打球は右翼線を破って自身今季2本目の三塁打に。3試合ぶりの安打がチーム初安打となり、エンゼルスに反撃ムードが漂う。
 
 すると5回、エンゼルスは2死からルイス・レンヒフォ内野手が四球で出塁すると、続くマット・サイス内野手が右翼スタンドに飛び込む第2号2ラン本塁打を放ち、2-7とようやくスコアボードに得点を刻んだ。
 
 エンゼルスは6回、2番手としてマウンドに上がったジャスティン・アンダーソン投手が2三振を奪うなど3者凡退。良いリズムを作って攻撃を迎えた。1番から始まった打線は、1死からマイク・トラウト外野手が左越え二塁打で出塁。続く大谷にチャンスが訪れたが、ここは初球の内角85.7マイル(約138キロ)のスライダーを弾き返すも右寄りに守っていた遊撃手の正面を突くゴロとなった。
 
 アプトンも見逃し三振に倒れて、結局三塁まで進んだトラウトは生還できず。試合は2-7のまま終盤に突入した。